尾てい骨(尾骨)の痛みの原因と改善法

尾てい骨(尾骨)の痛みの原因とは何か

尾てい骨、つまり尾骨に痛みを感じてしまう時というのは、一体どのような時が言えるのでしょうか?

尾骨が痛んでしまう場合には、様々な例が考えられます。

例えば、尾てい骨を圧迫したような態勢を長時間続けていたという方でも、尾てい骨を痛めやすくなってしまいます。

デスクワークなどで、長時間同じ椅子に座りっぱなし、あるいはかたい椅子に座っていると、尾骨にとても大きな負担がかかってきてしまいます。

尾骨がひどく圧迫されてしまうため、尾てい骨が痛んでしまうのです。また、かたい椅子というのも、あまり尾骨によくありません。尾てい骨の痛みから、腰痛へ発展することも可能性としてあります。札幌市 腰痛などではゴリゴリしない痛くない治療院に行って、まずはからだの歪みを診てもらうこともいいですね。

そもそも尾骨というのは、3から5つの小さな骨がくっついたような感じになっています。その昔はしっぽだった部分ですね!実際に、運動や転んで、しりもちをついたなどの原因が無くても気づかないうちに、尾骨が折れてしまっているということもあります。奈良 整体の先生に、円座などのクッションを上手く使用し、治療以外でケアできることは自ら進んで実施して欲しいといわれました。

じっとしている姿勢を長く続けていると、それだけ尾骨にも負担がかかっていまし、圧迫されてしまうので、尾骨も痛んでしまいがちです。

尾骨を押し付けないような態勢に努めていきましょう。また、気功 横浜でもクッションなどが無以状態で固い椅子に座る場合の尾てい骨に対する防ぎきれない物理的な刺激要因を出来る限り取り除くために、痛みが軽減する姿勢を取ることを提案している。

出産が原因で、尾骨の痛みを伴うようになってしまったという方も、とても多いのです。

尾てい骨の改善法

尾てい骨の痛みを改善させていくためには、アイシング療法などがすすめられます。

また、運動などをせずに、安静にしておく事も大切です。

産後に尾骨の痛みを感じるようになったという方でしたら、尾てい骨が骨折してしまうリスクも考えられますので、育児や家事は、無理しないようにしましょう。

柔らかいソファーなどに腰かけるようにして下さい。

また、真ん中部分がくり抜かれたスタイルの、ドーナツ型の座椅子をしいて椅子に座るのも、尾骨の負担が軽減されるので、おすすめです。


公開日:
最終更新日:2016/09/15

no image
整体でも産後の骨盤矯正ができる

産後の骨盤矯正をしよう 産後に、骨盤矯正をしたいと思う方はとても多い

no image
運動後や起床時に尾てい骨が痛む場合

尾てい骨が、起床時や運動後に痛む事ってありませんか? 尾てい骨という

no image
産後から尾骨が痛む場合

産後に尾てい骨が痛む事について 出産後に尾骨が痛んでしまうケースとい

no image
尾てい骨の痛みと足の痺れについて

尾てい骨とは 「尾てい骨痛」というのを、聞いた事はあるでしょうか?こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑